333トランスオーシャン_DSC0920


漠然とした思いですが、1950年代とは一体どんな時代背景だったのでしょうか?
今から60 年も前の時代ですから想像を超えた時代なのかも知れません。 
トランスオーシャンモデルの原型デザインは今から53年前に遡ります。
時代は繰り返されるという言葉が御座いますが、
当時のクラシカルデザインが今ここに美しきスタイルで現代に復活なのです。
最新型クロノグラフムーブメントキャリバー01を搭載して完成度を高めて蘇る。
こんなフレーズを間接的に耳にしてもピンと来ないかも知れません。

1957年生まれのS様にとってはそれこそ言葉にはならないほどの最高なる1本で、
しかも相当強烈なる衝撃的なインスピレーションを感じられたそうです。
クラシカルな金属ブレスレットは木目細かな規則正しい鱗のような引き締まり。
生き物のようにしなやかで、そして柔らかな動きなのですが金属特有の強靭な造り込み。
最新型の高性能さと適度な100メートル防水機能、
ケース43mmサイズの大型文字盤から滲み出るそれなりの迫力。
大き過ぎずさりとて小さ過ぎないビンテージ感とのバランスの両立。
熟知された上品な大人から観られた時にさり気なく評価される適度な存在感。 
自然でありながらも決して装着させている時に漂わせる存在感を失わせない。
この奥ゆかしいまでの自己主張 がさり気ないセンスと呼ばれる時代なのかも知れません。
運良くも目の前に出現し、手に入れる「決断までに要した時間」が瞬間に近く短ければ短いほど、
逆に欲しいと思っていた時間がひたすら長かった事を意味します。

撮影機材:NikonD3S  
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2,8G EDレンズにて撮影です。
2011-11-23 Toshifumi Kako   

株式会社オートファッションファクトリー横浜店
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
加古 俊文
 

トランスオーシャン_DSC0105