AFF3 523_DSC0608

2012年05月23日の水曜日。
この日はAFF1横浜勤務から5時から東京AFF3へ移動でした。
AFF3 Mechanical TokyoまでDUCATI SPORTS 1000Sで走らせました。
バッテリーを交換してタイヤの空気圧を補充、燃料も補充してエンジン始動です。

この日はAFF3 Mechanical Tokyoは甲斐総店長と鬼澤の2名でスタンバイ。
AFF1は加古、榎本、日野、華山の4名でした。 
横浜店ではアプラスの中澤さんと特別企画サマーキャンペーンの打ち合わせでした。
その後はベロフの担当者増田さんとポルシェ955カイエンの、
コーナーリングランプのHID化キセノンライトの開発の打ち合わせ、
AFF3でパスポートを手に入れられたサニクリーンの宮岡さんが来店され、
店内のマットの打ち合わせ!と色々でした。 
それからカイエンのリアダッグテールのドライカーボン化製品の開発。
957カイエンGTSのフロントオリジナルバンパーの開発の打ち合わせ、
メルセデス用の専用設計 EURO FIVE 18 インチ
AFFオリジナルの限定商品アルミホイールの打ち合わせ、

 

AFF3 523_DSC0576




AFF3 523_DSC0629





AFF3 523_DSC0639





AFF3 523_DSC0665





AFF3 523_DSC0695





AFF3 523_DSC0704





AFF3 523_DSC0753





AFF3 523_DSC0737





AFF3 523_DSC0795





AFF3 523_DSC0803





AFF3 523_DSC0821




AFF3 523_DSC0866




AFF3 523_DSC0880


AFF3 Mechanical Tokyo の、
ナビタイマー文字盤の前で斎田社長と記念撮影です。
このレイアウトとこのアングル!
前から撮影してみたいと考えておりました。
モーターサイクルと複雑な造形美の文字盤とのコントラスト!
何とも云えません。
AFF1からAFF3までの道のりは
信号から信号の繋がりも良くあっという間の到着でした。
実はAFF1からAFF3までの距離は
僅か17キロくらいしか離れておりません。
また第三京浜の終点玉川インターからですと、
信号の経路にもよりますが8,9キロしか御座いません。
急ぎの場合天気が晴れていればのお話ですがある意味最短時間で、
小物くらいをお届け出来るには最適なる環境なのかも知れません。 


AFF3 523_DSC0891





AFF3 523_DSC0909





AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

第三京浜高速で各店の場所をご説明させて頂きますと!

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

クルマと機械式腕時計の融合。AFF1
 

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 

メカニカルな心臓とモーターサイクルのシンクロ。

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日