2a49c00f-s


Construction of the world standards and new rules

世界基準 

新しいルールって何だろう?

次から次へと世の中のルールは、
前触れも無く自動的に深化して行くらしい。

こうでなければならないとか、
ああでなければならないと、
1つの壁や
ハードルのような基準が設けられる。
質と量と単価のバランスでは
資本主義社会においては、
全体の平均維持の管理でもあり、
ある意味仕方が無いルールなのかも知れないが、
人それぞれが想うセンスとか
細部に宿る拘りとかを考えると、
質より量へとシフトして行く境界線が
存在しているのかも知れない。

目には見えない全体の
大きな流れに捲き込まれて、
基準を変えて行かねばならぬ瞬間に、
抱き続けて来た気持ちや
モチベーションとは別の次元で、
想いや情熱らしき気持ちは
少しずつ淘汰されて行くのかも知れない。

熱が醒めるという言葉は簡単だが
再加熱が難しい環境も存在する。
一旦崩壊を招くと時間と同じで
元通りには復元出来るものでは無い。

机上の理論で現場を知らない人間が
新しいルールだけを振翳すらしい。
熱い支持者達に自然に選ばれて
右上がりに伸びて行く素晴らしき製品もあれば、
その逆で流れに乗せてルールの中で
流通させなければ動かない製品もある。



Toshifumi  Kako  





12622270_1115489258484191_1608230457862743606_o







12646823_1115489225150861_1786150957808046338_o






11053316_1067225646643886_4637267579734890771_o