PT950  _DSC0185


今日は01月27日の水曜日
語呂合わせの極致...
 

0127
 

多い日本名
 

日本名字由来ルーツの日
世界中に見掛ける日本人の名と歴史
 

01月27日は
ハワイ移民出発の日
 

1885年のこの日、
移民条約によるハワイへの
移民第一号の船が横浜港を出航した。
 

概要

ハワイにおける日本人移民
(ハワイにおけるにほんじんいみん、
英語:Japanese settlement in Hawaii)とは、
1868年以降、労働者として日本から
ハワイへ移住していった人びとを指す。
1900年までの国や民間企業の斡旋により
やって来た移民を契約移民、
以降1908年までの移民を
自由移民と呼称する。
 

明治政府発足、開国年でもある
1868年から、労働者として
ハワイへの日本人移民はあったようです。
~1900年までは契約移民、
~1908年までの移民を
自由移民と呼称するのだとか。
 

サトウキビ畑の労働力として
移民政策を1830年ころより始めており、
日本だけじゃなく世界各地から
集まってきたそうですが、
移民で最も多かったのは日本人だそうです。
 

ハワイにおける移民は、
急増するサトウキビ畑や製糖工場で働く
労働者を確保するため、1830年頃より始められ、
関税が撤廃された1876年以降にその数が増え始めた。
 

中国、ポルトガル、ドイツ、ノルウェー、
スコットランド、プエルトリコなど様々な国から
移民が来島したが、日本からやってきた
移民が最も多かった。日本からの移民は
1868年から開始され、
1902年にはサトウキビ労働者の70%が
日本人移民で占められるほどとなり、
1924年の排日移民法成立まで
約22万人がハワイへ渡っている。
 

移民の多くは契約期間満了後も
ハワイに定着し、日系アメリカ人として
ハワイ社会の基礎を作り上げていった。
 

19世紀初頭、ハワイ王国において
摂政カアフマヌが政治的実権を握ると、
キリスト教を中心とした欧米文化を
取り入れようとする動きが活発化し、
彼女に取り入った白人たちが
発言力を増すようになる。
 

貿易負債削減のため、
それまではネイティブハワイアンの
食料としてのみ栽培されていたサトウキビを
輸出用資源として大規模生産を行おうとする
動きが1835年より開始された。
 

1850年、外国人による土地私有が
認められるようになると、
白人の投資家たちの手によって
ハワイ各地にサトウキビ農場が設立され、
一大産業へと急成長した。
その後、アメリカ合衆国内において
南北戦争が勃発するとこの動きは
さらに加速、1876年の関税撤廃に至り、
ハワイ王国は世界有数のサトウキビ輸出国となった。
 

増加する農場に対し、
ハワイ王国内のハワイ人のみでは
労働力を確保することが困難となり、
1830年代より国外の労働力を輸入する
方策が模索されはじめ、1852年、
3年間という契約で、中国より最初の
契約労働者がハワイへ来島した。
 

以降も中国より多数の労働移民がやってきたが、
中国人らは定着率が悪く、契約終了後、
独自に別の商売を始めたりするなどしたことにより
彼らに対する風当たりが強くなったことから、
ハワイ政府は中国人移民の数を制限し、
他の国から労働力を輸入するようになる。
 

日本もその対象の一国として交渉が持たれた。
1898年、ハワイがアメリカに併合されると、
アメリカの中国人排斥法が適用され、
中国人の移住が事実上不可能となった。
 

1860年(万延元年)、
日本の遣米使節団がハワイに寄港した際、
カメハメハ4世は労働者供給を請願する
親書を信託したが、
日本は明治維新へと向かう混迷期にあり、
積極的な対応がなされずにいた。
カメハメハ5世は、在日ハワイ領事として
横浜に滞在していたユージン・ヴァン・リードに
日本人労働者の招致について、
日本政府と交渉するよう指示した。
ヴァン・リードは徳川幕府と交渉し、
出稼ぎ300人分の渡航印章の下附を受ける。
 

しかし、その後日本側政府が明治政府へと入れ替わり、
明治政府はハワイ王国が条約未済国であることを理由に、
徳川幕府との交渉内容を全て無効化した。
しかし、すでに渡航準備を終えていた
ヴァン・リードは、1868年(明治元年)、
サイオト号で153名の日本人を無許可で
ホノルルへ送り出してしまうこととなる。
こうして送られた初の日本人労働者は
元年者と呼ばれた。
 

日本側は自国民を奪われたとして、
1869年に上野景範、三輪甫一をハワイに派遣し、
抗議を行った。折衝の結果、契約内容が異なるとして
40名が即時帰国し、残留を希望した者に対しての
待遇改善を取り付けた。この事件を契機として
日本とハワイの通商条約が議論され、
1871年(明治4年)8月、
日布修好通商条約が締結された。
 

契約移民
 

1885年(明治18年)1月、
日布移民条約が結ばれ、
ハワイへの移民が公式に許可されるようになった。
政府の斡旋した移民は官約移民と呼ばれ、
1894年に民間に委託されるまで、
約29,000人がハワイへ渡った。
 

1884年、最初の移民600人の公募に対し、
28,000人の応募があり、946名が東京市号に乗り込み、
ハワイへと渡った。
 

官約移民は「3年間で400円稼げる」といったことを謳い
文句に盛大に募集が行われたが、
その実態は人身売買に類似し、
半ば奴隷に近かった。労働は過酷で、
現場監督(ルナ)の鞭で殴る等の酷使や虐待が行われ、
1日10時間の労働で、休みは週1日、
給与は月額10ドルから諸経費を
差し引かれた金額であった。
 

これは労働者が契約を満了することを
義務付けられたハワイの法律(通称、主人と召使法)に
起因するところが大きい。仕事を中途で辞めることが
法的に認められていなかったのである。
 

官約移民制度における具体的な交渉は、
後に「移民帝王」とも揶揄される
在日ハワイ総領事ロバート・W・アーウィンに
一任されていた。井上馨と親交を持ち、
その関係から三井物産会社を用いて
日本各地から労働者を集め、
その仲介料を日本・ハワイの双方から徴収するなど、
莫大な稼ぎを得ていた。
アーウィンとの仲介料の折り合いが合わず、
 

1894年の26回目の移民を
もって官約移民制度は廃止され、
以後は日本の民間会社を
通した斡旋(私約移民)が
行われるようになった。
 

1894年以降、日本人の手により、
日本との移民事業を行う会社が30社以上設立された。
特に広島海外渡航会社、森岡商会、熊本移民会社、
東京移民会社、日本移民会社は五大移民会社と呼ばれ、
勢力を誇った。移民労働者の郷里送金を代行する銀行なども
共同出資で設立され、一大事業に成長するが、
1900年のハワイ併合、1908年の日米紳士協約などにより
これらの会社は全て消滅した。
 

以降は、移民の家族や一旦日本へ帰国したが、
再度移住を希望する帰米者のみ移住が許可されるようになり、
そうした者も1924年の移民法成立により、
日本人のハワイへの移住は事実上不可能となった。
 

その後
 

その後定住した日本人移民の子孫が増加したことから、
ハワイの全人口における日本人移民と
日系人の割合は増加を続けた。
その後勃発した第二次世界大戦下では、
アメリカ本土の日本人移民と日系アメリカ人が
アメリカ政府により強制収容されたが、
ハワイにおいては日系人人口が多く、
その全てを収容することが事実上不可能である上、
もし日系人を強制収用すると
ハワイの経済が立ち行かなくなると推測されたことから、
アメリカへの帰属心が弱く、
しかも影響力が強いと目された一部の日系人しか
強制収容の対象とならなかった。
 

ハワイ州
 

英: State of Hawaii、
ハワイ語: Hawaiは、
太平洋に位置するハワイ諸島にある
アメリカ合衆国の州である。
 

漢字では「布哇」と書く。
州都はオアフ島のホノルル市である。
アメリカ合衆国50州の中で
最後に加盟した州である。
 

ハワイ島、マウイ島、オアフ島、
カウアイ島、モロカイ島、
ラナイ島、ニイハウ島、カホオラウェ島の8つの島と
100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、
ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、
ハワイ州に属している。
 

北西ハワイ諸島の北西端から
ハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、
全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。
 

州全体が島だけで構成されることでは
アメリカ合衆国で唯一の州である。
アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、
オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、
 

地理的にも民族的にも近いポリネシアでは
最も北にある列島で構成されている。
その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、
豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、
 

および活火山の活動があることで、
観光客、サーファー、生物学者、
火山学者などに人気のある目的地になっている。
 

独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、
北アメリカやアジアの影響も多く受けている。
130万人を超える人口の他に常に
観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。
 



12525320_1115567255143058_5146800709599298682_o


Nikon D300S
 
TAMRON 
SP150-600mm
F/5-6,3 DI VC USD
 
(Nikon用)
DX 225~900mm
Photo by Toshifumi Kako








BREITLING  _DSC0143












12646823_1115489225150861_1786150957808046338_o











12604737_1115567251809725_4949909441864655587_o



Nikon D300S
 
TAMRON 
SP150-600mm
F/5-6,3 DI VC USD
 
(Nikon用)
DX 225~900mm
Photo by Toshifumi Kako







12622270_1115489221817528_4001648712110625945_o












e10d0c44








12622270_1115489258484191_1608230457862743606_o











12633498_1115489171817533_3383560951498352380_o



飽きないシンプルさが最大の魅力。
 

時は過ぎ行くのみ 


そして時間は決まって右回り 


AFF1  Auto Fashion Factory Yokohama

おかげさまで創業22年

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888

AM:11:30~PM:21:00
木曜日 定休日



AFF3  Mechanical Tokyo

東京の丁度ど真ん中に位置する
機械式腕時計専門店 AFF-3

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831
 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:30~PM:20:00
木曜日 日曜日 祝日 定休日