6666666_IGP1190


今日は01月22日の金曜日
語呂合わせの極致...
 

0122
 

老いるジジイの日
 

まさに加齢 ライフの日
 

時間の経過で老化は進む。
老いを自覚し老いと向き合う日。
 

老化とは、
生物学的には
時間の経過とともに
生物の個体に起こる変化。
その中でも特に
生物が死に至るまでの間に起こる
機能低下やその過程を指す。
 

“老化(senescence, aging)”と
“加齢(aging)”は混同されやすい表現で、
専門家でもしばしば
不正確な使い方をする場合があります。
 

“老化”とは加齢に伴って生体機能、
例えば筋力、神経伝導速度、
肺活量、病気に対する抵抗力などが
低下することです。
 
年齢にともなうこのような機能低下は、
一般に生殖年齢に達したあとに始まり、
人によって早い遅いはありますが
誰にでも起こります。
 

ヒトでは20歳から
30歳以降に始まります。
注意していただきたいのは
「老化は病気ではない」ということです。
老化関連疾患あるいは老年病は
生物学的な老化が
背景にある場合が多いと考えられます。
 

老化は、死を想起させたり、
成熟との区別が恣意的であることから、
加齢(かれい)、エイジングと
言い換えられる場合もある。
 

動物種間で比較すると、
一般に寿命が長い種ほど
老化速度は遅いと言えますが、
同一種内の個体間では必ずしも
そうとは言えません。 
病気や事故での死亡は
老化とは関係なく
起こることもあるからです。
 

加齢の過程ではヒトでも動物でも
生体内外の原因による死亡確率が
指数関数的に増加します
(これをGompertzの法則といいます)。

ヒトでは、30歳以降大体8年毎に
死亡確率は約2倍づつ増えてゆきます。
80歳では40歳の30倍も
死にやすいということになります。 
しかし、90歳以上の超高齢者では
増加が緩やかになることが知られています。 

超高齢まで生きる人々は特別に
丈夫に出来ている
(遺伝的に異なる)のかもしれません。
 

「老化」や「加齢」のほかに
時に混同される言い方に
「寿命」があります。
“寿命(lifespan, longevity)”は、
誕生から死までの期間
(時間経過)であり、
種の最長寿命
(maximum lifespan)を
指すこともあります。
 

老化の原因
 

細胞老化プログラム説

それぞれの細胞には、
分裂できる限界がはじめから設定されており、
その回数を迎えて分裂ができなくなることにより
老化が発生するという説。分裂できる限界数は、
種によってまちまちであるが、
概ねその種の寿命と比例していることから
現在有力な説のひとつである。
 

テロメアは細胞分裂の度に短くなることから、
このプログラム説の機構を行う部分であるとされる。
この説における解決法としては現在、
テロメラーゼが有力である。
 

がん細胞においては、テロメラーゼが
高活性化することにより細胞が不死化することから、
幹細胞のテロメラーゼの活性をコントロールすることで
不老不死の実現が可能なのではないかと考えられている。
 

細胞分裂のエラー説
 

細胞分裂の際に
少しずつ発生する突然変異が、
徐々に蓄積されていき、
最終的に破綻するのではないかという説。
 

ウェルナー症候群をはじめとする
早老症ではヘリカーゼというDNA修復に
関与すると推測される遺伝子に
異常があったことから考えられた。
 

DNA分子の損傷は1日1細胞あたり
最大50万回程度発生することが知られており、
DNA修復速度の細胞の加齢に伴う低下や、
環境要因のよるDNA分子の損傷増大により
DNA修復がDNA損傷の発生に追いつかなくなると、
老化(細胞老化)と呼ばれる、
不可逆な休眠状態に陥る。
 

アポトーシスあるいは
プログラム細胞死と呼ばれる、
細胞の自殺が起こる癌化のいずれかの
運命をたどることになる。人体においては、
ほとんどの細胞が細胞老化の状態に達するが、
修復できないDNAの損傷が蓄積した細胞では
アポトーシスが起こる。この場合、
アポトーシスは体内の細胞がDNAの損傷により癌化し、
体全体が生命の危険にさらされるのを防ぐための
「切り札」として機能している。
 

この説における解決法としては、
前述のDNA修復遺伝子を活性化させるなどして、
修復速度が突然変異の蓄積速度を
上回る状態にすることが考えられる。
 

老が急速に進行する病気

(早老症)としてウェルナー症候群、
ハッチンソン・ギルフォード
プロジェリア症候群が知られている。
 

加齢 ライフの日
 

加齢臭(かれいしゅう)は、
主に中年以降の男女にみられる
特有の体臭の俗称。30代 - 40代の男性に
みられる独自の体臭は、いわゆる加齢臭の
主成分ノネナールとは異なることが発見されたため、
機能性香料のメーカーにより区別して
おやじ臭などと呼ばれる場合がある。





6666666_IGP1201










12032884_1067225746643876_7669701127312432382_o











2a49c00f-s











6666666_IGP1180










11053316_1067225646643886_4637267579734890771_o











6666666_IGP1197











12087166_1067533313279786_2407363804810555008_o











12045462_1067533289946455_3348031638515918984_o










1933243_1102266659806451_2636276183646680762_o









6666666_DSC0253










6666666_DSC0123



カレーライスの日

 

1982年のこの日、
全国学校栄養士協議会で
1月22日の給食のメニューを
カレーにすることに決められ、
全国の小中学校で
一斉にカレー給食が出された。
 

カレーライスとは、
カレーを米飯に掛けて
食べる料理である。
 

インド料理を元に
イギリスで生まれ、
日本で発展した料理である。
インドのカレーよりとろみが強く
なっているのは、イギリス海軍の
メニューに採用されたとき、
 

船の揺れに対応するためだったという説がある。
また、ソースを重視するフランス料理の
手法を取り入れたからという説もあり、
イギリスのクロース・アンド・ブラックウェル社により
生産されたカレー粉がフランスに渡り、
フランス料理のカリー・オ・リ
フランス語: curry au riz、
すなわちカレーライスの名の
西洋料理になったともいわれている。
 

イギリスでは
イギリス英語: curry and rice
(カリーアンドライス)」の他
「イギリス英語: Curried rice(カリードライス)」
とも呼ばれる。日本語では省略して
「カレー」と呼ばれることが多く、
ラーメンと並んで『日本人の国民食』と
呼ばれるほど人気がある料理である。 
小中学校の給食メニューの人気アンケートで
もつねに上位に挙げられている。
 

日本に初めて「カレー」という言葉を
紹介したのは福沢諭吉の「増訂華英通語」
(1860年、万延元年)であった。
そこに「Curry コルリ」がある。
 

日本に初めて
カレーライスの調理法を紹介したのは、
1872年(明治5年)出版の『西洋料理指南』
(敬学堂主人)である。
 

明治時代初期においてカレーライスは、
限られたレストランで食することが可能な
高額のハイカラ料理だった。
 

カレーライスの食べ方
 

カレーライスを食する際、
スプーンに米飯とカレーを乗せるのみで
混ぜない食べ方と、あらかじめ
カレーと米飯を混ぜる食べ方がある。
前者が多数派であるとされ、
混ぜた上での食べ方を「汚い」と
断ずることで、しばしば後者との
対立が引き起こされる。
 

カレーライスとライスカレー
 

カレーライスは、
「ライスカレー」と呼ばれる事もある。
2つはどう違うのか、また「カレーライス」との
名称が主流となっていった理由については
諸説があり定かではない。
 

歴史的に見ると、イギリス人から
「カリードライス(英語: Curried rice)」
として紹介され、明治後期から
大正時代にかけ新聞や雑誌では
「ライスカレー」と呼ばれる事が多かった。
 

カレーは大好物です。
最近はシャビシャビの薄い液状カレーから
こってりトロリ派に好みも変更でした。
 

That I think on the day grow old old man!
 

It is a re-recognize the mystery of the flow of time.
The slow cell change in a daily basis per day
Aging I think I do not understand exactly been subtle too.
If there is a chance that after a long time t
o meet with distant relatives in the New Year homecoming.
The rate of aging is to stage jump 
cellular changes in a few years year unit.
 

And it does not change much 
from the previous images in the consciousness,
Reality is surprised the difference 
distant relatives of the cellular changes 
and the environment that is rapidly aging, but
I think exactly the same thing to 
the other side also same side here.
Time is flowing reliably, and can not stop anyone.

 

老いるジジイの日に思うこと!

 

時間の流れの不思議さを再認識です。
1日1日単位でのゆっくりとした細胞変化では、
老化は微妙すぎて正確には理解できないと思う。
久しぶりに正月帰省で遠い親戚に会う機会がある場合。
その老化の速度は数年年単位での段飛び細胞変化となる。

 

意識の中での前回のイメージとはさほど変わらないけれど、
現実は急激に老化している遠い親戚の細胞変化と環境の違いに驚くが、
向こうも同じく こちら側に対して全く同じことを思っている。
時間は確実に流れている、そして誰にも止められない。

 






6666666_DSC0076






飽きないシンプルさが最大の魅力。
 

時は過ぎ行くのみ 


そして時間は決まって右回り 


AFF1  Auto Fashion Factory Yokohama

おかげさまで創業22年

株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888

AM:11:30~PM:21:00
木曜日 定休日



AFF3  Mechanical Tokyo

東京の丁度ど真ん中

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831
 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:30~PM:20:00
木曜日 日曜日 祝日 定休日