ブライトリング22_DSC0424

本多様が齢48周年記念で気持ち良く決めて頂いた
トランスオーシャンモデルです。
純粋に誕生日プレゼントという贈り物を、
自分で決めて自分に贈るという事なのですが、
自分で自分に贈る?
簡単そうで実はなかなか出来ないアクションでもあるのです。

一生懸命に頑張って来た自分自身を、
本当の意味で自ら正しく評価出来るという行いが凄いのです。
目標や憧れなんてのを設定すれば簡単に実行出来そうなのですが、
今が本当にその時期なんだろうか?なんて深く考えたり、
万が一にもこれからの道中の出来事やら安全パイを考えたら、
まだまだ手に入れるには早いのでは?
と中途半端な迷いにも似た変な猜疑心に襲われます。


ブライトリング22_DSC0308

天からいきなり贈り物が目の前に、
突如として降ってくるなんて確率で考えてもほぼあり得ません。
自分で決めて自分で段取りを取らなければ、
そんな奇跡すらも起きる事は無いと考えられます。

本多様の生誕記念日は実は22日の日曜日ではなく、
2日前の2012年01月20日の金曜日でした。
生まれた日とは少々違いますが、
22日に装着されていたナビタイマーもその1本でした。
このモデルは1903〜2003年に100周年記念で発売された希少な1本でした。
入手されたのは今から9年前の誕生日。
ライト兄弟スペシャル記念モデルの、
珍しい文字盤「ブラックバージョン」だったのです。


ブライトリング22_DSC0451

新しいトランスオーシャンを追加でもう1本、
コレクションを増やす時に手にされていたナビタイマー!
新しいモデルと今までの愛着がこもった、
所有コレクションを同時に撮影させて頂きました。
時間が流れても決して色褪せる事の無い美しき、
コレクションの数々、飽きずに収集出来る趣味の対象物。
深く考えたら機械式腕時計のコレクションというのは、
自分自身の歩んで来た人生の歴史なのかも知れません。


ブライトリング22_DSC0407

人類が空を自由に行き来出来るようになって、
僅か100年くらいしか歴史の時間が流れていないのです。
109年前までは前人未踏の領域だったという事です。
実は自動車の歴史も同じく100年前くらい前からその歴史は始まりました。
深く考えて見ればそれは最近の出来事だったのかも知れません。
これから100年後は一体どのような時代が訪れるというのでしょうか?
UFOなんかが普通に街で売られていたり、
空間を自由自在に飛び回る単人飛行物体のジェットマンなんてのが、
もしかしたら主流になる時代が来るのかも知れません。

ブライトリング22_DSC0330

人生の流れゆくスピードも遅いようで、実はあっという間の出来事かも知れません。
人生50年という言葉のフレーズを耳にしますが、
人間の寿命が延びて医療技術も飛躍的に進歩し、
昔に比べたら健康的に暮らせるのかも知れませんが、
100年の丁度半分のこの50年という流れて来た、
永き時間の1つの節目をどう考えるのか?
1年に1度の生誕記念をじっくりと考えて自分で決断が下せる、
本多様の生き方にさり気なく乾杯〜!
48歳のお誕生日、心からお祝いさせて頂きます。おめでとう〜!

ブライトリング22_DSC0297

撮影機材:Nikon D3S 
AFS, VR Mikro Nikkor ED 105mm F/2.8G
単焦点マクロ105mmレンズにて撮影です。
Fotografie:Toshifumi Kako  2012-01-22  


株式会社オートファッションファクトリー横浜店
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
加古 俊文