1078601_1144195882280195_1855419545304339838_o


ホワイトデー

それは愛の倍返しの日らしいです。
 

2月14日のバレンタインデーに
チョコレートを贈られた男性が、
返礼のプレゼントをする日。
 

バレンタインデーのチョコレートに対し
キャンデーやマシュマロを
お返しするのが一般的になっている。

子供ならイザ知らず、
大人からキャンデーやマシュマロを、
お返しとして貰っても、
本当に嬉しいのだろうか?
行事の内容が良い悪いは別にして、
あまりにも儀式的過ぎると思いました。
 

日本でバレンタインデーが
定着するにしたがって、
若い世代の間でそれに
お返しをしようという風潮が生まれた。
 

これを受けたお菓子業界では
昭和50年代に入ってから、
個々に独自の日を定めて、
マシュマロやクッキー、
キャンデー等を「お返しの贈り物」として
宣伝販売するようになった。
 

この動きをキャンデーの販売促進に結びつけ、
全国飴菓子工業協同組合(全飴協)関東地区部会が
「ホワイトデー」として催事化した。

そして1978(昭和53)年、全飴協の総会で
「キャンデーを贈る日」として制定され、
2年の準備期間を経て1980(昭和55)年に
第1回のホワイトデーが開催された。

ブームや流行という儀式の中での楽しみ方、
世の中で作られたルール任せで遊んではならない。
そこにオリジナリティーが盛り込めなければ飽きられる。
 

ホワイトデーを3月14日に定めたのは、
269年2月14日、兵士の自由結婚禁止政策に
そむいて結婚しようとした男女を救う為、
バレンタイン司教が殉教し、
その一箇月後の3月14日に、
その2人は改めて二人の永遠の愛を
誓い合ったと言われていることに由来する。

バレンタイン司教

3世紀頃のキリスト教の聖職者。
正教会・カトリック教会・聖公会・
一部ルーテル教会で聖人とされている。


人間1人の命が男女を救う為に
犠牲になったなんて、

この記事を読むまでは知りませんでした。

奇跡は相手の為にどれだけ命懸けで、
見返りを求めずにその意志を貫けるか?
奇跡はこうした熱い行動力によって、
他人に影響を与えて行くのかも知れません。

バレンタイン司教の命と引き換えなら、
腕時計の1本くらいは逆に安いものです。 

本気の相手に対する勝負のお返しは、
どれだけ真剣な想いが、
この日にストレートに伝えられるのか?
これからの貴重な時間を一緒に過ごす、
という意味で機械式腕時計をプレゼントなのです。

理想的にはホワイトデーに因んで
機械式腕時計なら白文字盤が良いよ!
3の位置にカレンダーがレイアウトされてイイよの14
0314に奇跡が起きるかも知れません。

電池式の腕時計はいつの日かエネルギーが、
切れてしまうというジンクスから、
手巻き式か自動巻の機械式腕時計が、
縁起が良いとされています。

投資に対する回収率の不安。

奇跡に対して損得勘定が先に芽生えるようなら、
その勝負は最初から止めておいた方が良いと思う! 
ケチな思考回路では恋愛感情すら一瞬で消え失せてしまう。
セコさが仇となる危険性があるからかも知れない。

何故ならば本当の愛とは、
見返りを求めない無条件なる気持ちが大切。
一方通行でも構わない純粋なる贈り物でなければならないから! 

極上の時間をさり気なく相手に対して、
提案出来る男でありたいと常日頃からそう思う。 



Toshifumi  Kako  


12002409_1054106354600626_2485716403295900489_o