ブライトリング正規販売店 オートファッションファクトリー東京タワー3号店 加古 俊文のブログ

May 2012

2012年05月16日の水曜日。AFF1 Sports Classic Yokohama

AFF1  _DSC0580


本日は東京AFF3 勤務ではなく 
AFF1  Auto  Fashion  Factory  Yokohama 勤務でした。
朝一番では萩原社長がご来店でブライトリングのオーバーホール引き渡し、
そしてこの日は江戸川よりお越しの須賀様のBMW 525iの継続車検と、
タイヤ4本入れ替え、エンジンオイルの下抜き全量交換、
フロントバンパースポイラーの修理ペイント、室内シートの修繕でした。
各種点検整備の他色々とメンテナンスも含めての内容の濃い1日でした。
個人的にはポルシェホワイトカイエンターボ955の定期点検で横浜ポルシェセンターまで!
症状はブレーキ廻りの修理と改善です。その他は右前のショックの調整点検でした。
それから信販会社アプラスさんのAFF3新料率改正の手続きの準備と事前打ち合わせ、
BMW 525iでお越し頂いた須賀様が嬉しい事にAFF3オープン記念で、
色々と手続きをお考え頂き横浜店で前向きなアクションとお付き合い下さいました。 
須賀様、いつもいつもさり気ない配慮と御心遣い本当に有り難うございます。 
そしてTOM桂川様も前向きなオープン記念をじっくりとお考え頂け下さるようです。 



AFF1 _DSC0584




AFF1 _DSC0661





AFF1 _DSC0731

AFF1  
Auto  Fashion  Factory  Yokohamaで、
開発した人気のオリジナルエアロパーツのご紹介です。
この製品はポルシェカイエンのオーナーの為に時間を掛けてじっくりと製作しました、
955スポーツクラッシックシリーズのフルエアロバンパースポイラーキットの発売です。
997スポーツクラッシックの、
フロントダクトのデザインを取り入れた最新作デザインなのです。
車高を下げる事なく適度なローフォルムを実現出来る優れた肉厚とボリュームが人気です。
ヘッドライトもボディー色に合わせたカラーコーディネイトと黒いリングで引き締めます。
丸眼2灯のクルマが持つ生き物のような顔付きがこれによりインパクトを滲ませます。 
派手なガンダムエアロでは決して満足出来ない大人のフォルムを追究し、
さりげない雰囲気ですが引き締める所はしっかりと引き締める、
そんな上品な流れと違和感の無い曲線美にて開発させて頂きました。 


AFF1 _DSC0716




AFF1 _DSC0742




AFF1 _DSC0749

ポルシェのカイエンという車種は、
やや視線もフォルムも腰高で、
野暮ったく見えてしまうクルマなのかも知れません。
それは何処となくハイリフトでマルチなSUVチックなデザイン。
ポルシェカイエン955の全体的なややメタボチックなスタイルを、
足廻り関係のパーツを入れ替える事無くしかも車高を下げずに
視覚的にもローフォルムに仕上げる一番近道な方法が、
このエアロパーツ「955スポーツクラッシックシリーズ」の
フルキットエアロの装着なのかも知れません。

997シリーズスポーツクラッシック
限定車の洗練されたSCフォルムと、
955カイエンバージョンで開発された
シンプルなハイパフォーマンスフォルムの融合なのです。
基本的には16台限定のカイエン955
ハイパフォーマンスエディション500HPフォルムに、
リミテッドエディション997
スポーツクラッシックエアロをミックスさせて開発させてあります。

1970年代に開発された
ポルシェらしさとSCダッグテールの雰囲気から、
本来のポルシェらしさの力強いデザインをさり気なく取入れ
955カイエンへと違和感無く溶け込ませ流用させています。
誰もが思うリアビューを眺めた時に感じる
全体にやや腰高なSUVフォルムを、
バランス良く適度に中和させてくれる効果も同時に併せ持ちます。

空気抵抗の低減や高速走行時の風の巻き上げCD値の向上はモチロン、
製品の耐久性と軽量化とオーナーが心の底から満足出来るレベルでの、
観た目の「観られた時も含め」視覚的なワンアクセント、
どっしりとした安定感とそのボリュームも大きな魅力でもあります。
全体のフォルムは純正のラインに合わせて、
違和感を持たせないシンプルな引き算での設計です。
控えめに纏め上げる奥ゆかしきシンプルデザイン。

あえて目立たせない事が本当の大人の955美学。



AFF1 _DSC0760




AFF1 _DSC0786




AFF1 _DSC0799


AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

本当の掘り出し物は電子の世界には非常に少ない。


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


甲斐総店長と伊藤で元気にスタンバイ AFF3

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日


2012年05月15日の火曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3 0515  _DSC9641

2012年05月15日の火曜日はAFF3周辺は朝から雨の1日でした。
この日は伊藤店長と加古の2名でAFF3スタンバイです。
そんな閉店間際の夜に伝説のコレクターと呼ばれる
あの敦賀さんがご来店です。
伊藤店長就任記念に1本お付き合いで
モンブリラン38mmの黒文字盤を3分でご決断です。
敦賀氏は御年54歳で郷ひろみさんと非常に近い年齢なのです。
敦賀氏のブライトリングのコレクションは数多く、
今回も機械式腕時計が欲しいとか欲しくないとかは別にして、
AFF3の開店記念で気持ちよく伊藤店長に選んで貰いましょう〜!
とどんぴしゃりの1本をコーディネートでセレクトさせて頂く流れに!
敦賀様いつもいつも本当にありがとう御座います。
男の魅力は電光石火の決断力です。
新しいコレクションをまた1つ
手に入れる喜びとそして選ぶ者の心の喜び。
AFF3は皆様の為に存在する
究極のセレクティブショップでもあるのです。


AFF3 0515  _DSC9591

 
BREITLING MONTBRILLANT 38 BLACK
Ref A417B75NP No 2422521  609,000円


AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

楽しみはある日突然に!
そして喜びは誰よりも永く。 


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


本当のセンスを手に入れる、
赤い鉄塔近くの異空間。

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日


 

2012年05月14日の月曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3  0514  _DSC9570

AFF3 Mechanical Tokyo 本日は快晴の月曜日
最新型の新しいブライトリングディスプレイが搬入です。 
照明がLEDライトに切り替わった最先端の什器です。
ブライトリングジャパンの楊さんがこの搬入を手伝ってくれました。 
差し入れのハーゲンダッツアイスクリームもありがとう御座いました。
この日はタイムマンスリースケジュールの管理をミスり結果レディスタッフ2人はお休みでした。 


AFF3  0514  _DSC9495






AFF3  0514  _DSC9510





AFF3  0514  _DSC9516




AFF3  0514  _DSC9525





AFF3  0514  _DSC9569




AFF3  0514  _DSC9552





AFF3  0514  _DSC9543




AFF3  0514  _DSC9572




AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

クルマとその空間に存在する価値あるパーツの提案。


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


小さくても内容が濃い。
そしてシンプルでも研ぎ澄まされている。

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日




2012年05月13日の日曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3 05 13_DSC0211

AFF3 Mechanical Tokyo 
2012年05月13日の日曜日。天気の良い快晴サンデーでした。
通勤車はいつものAMG C36のコンパクトセダンで、
お馴染みの第三京浜経由の東京目黒街道を直進のまっしぐらです。 
この景色もある程度は見慣れて参りましたが、
さすが日曜日の目黒街道は渋滞も無く、
シグナルストレートが気持ちよいくらいの繋がり具合で適度な空き道路でした。


AFF3 05 13_DSC0052







AFF3 05 13_DSC0063








AFF3 05 13_DSC0104







AFF3 05 13_DSC0077








AFF3 05 13 _DSC0045








AFF3 05 13_DSC0108








AFF3 05 13_DSC0114

AFF3 Mechanical Tokyo の裏にはこんな花が咲き乱れておりました。

 


AFF3 岡さん_DSC0051






AFF3 岡さん_DSC0041






AFF3 05 13_DSC0111





AFF3 岡さん_DSC0072






AFF3 岡さん_DSC0031




AFF3 05 13_DSC0141


AFF3 Mechanical Tokyo から歩いて30秒のファーストさん。
出勤30分前に朝の珈琲を満喫に寄りましたがまだ開店準備前で利用出来ず。
横濱屋さんとルパンも開店準備前でNGでした。
日曜日の時間の流れが平日とは違う事に気が付きました。

 


AFF3 05 13_DSC0126





AFF3 岡さん_DSC0002







AFF3 05 13_DSC0226





AFF3 岡さん_DSC0017





AFF3 05 13_DSC0249


ナビタイマーの1461ムーンのパイロットブレス仕様がようやく入荷しました。
サイズも43mmから46mmへと適度に進化して、
まさにビッグムーンの魅力的なナビタイマー1461シリーズなのです。
1000本限定ですから入荷本数に制限が御座いまして、
数量が少なくて希少なモデルなのは今更説明するまでもありません。

BREITLING  NAVITIMER 1461 
Ref A197B57NP  895/1000
No 2648254  ¥1,039,500

黒い文字盤で適度な大きさと厚みが魅力です。 
SSの複雑機械式時計セミパーペチュアルクロノグラフとしては、
非常にコストパフォーマンスに優れた優秀なモデルです。 


AFF3 05 13_DSC0296


ブライトリングの特製カタログ
CHRONOLOG 2012年版に使用されているフォトです。
味のある雰囲気や構図の良いレイアウトが魅力的です。 

 
AFF3 05 13_DSC0312







AFF3 05 13_DSC0322







AFF3 05 13_DSC0351







AFF3 05 13_DSC0339







AFF3 05 13_DSC0355







AFF3 05 13_DSC0358







AFF3 05 13_DSC0363







AFF3 05 13_DSC0384







AFF3 05 13_DSC0369







AFF3 05 13_DSC0392







AFF3 05 13_DSC0399






AFF3 05 13_DSC0420






AFF3 05 13_DSC0416




AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

満足という感覚を大切にしたい。 


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


機械式腕時計としての変化球。

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日





2012年05月12日の土曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3 0512 _DSC0123

こんにちは!AFF3の加古です。
最近はAMGのC36スポーツセダンでAFF3まで通勤しています。
軽い計量ボディーにDOHC 3,6の心臓部が組み込まれた快適セダンです。
ATのオイル交換とデフのリペアを済ませ、
エンジンのオイル漏れ修理とエンジンオイルの交換。
1994年式の車両ですがキビキビと健康的に走ってくれます。
生き返るクラシカルスポーツセダンの魅力。


AFF3 0512 _DSC0184

道中ポルシェ カイエンのホワイト957  
GTSと第三京浜を並走でした。
赤い957 GTSは現在AFF1にてエンジンオイル交換中です。
オリジナルエアロパーツも同時に装着中です。
実は後ろ姿を957スタイルから955スタイルへと、
先祖帰りのリファインをさせました。


AFF3 0512 _DSC0190




AFF3 0512 _DSC0276

道中 ビンテージハーレーとしばらく並走です。


AFF3 0512 _DSC0291

東京プリンスホテル月極契約駐車場に到着しました。
AMG C36の一般道での平均燃費は
約9キロとなかなか優秀です。
エアコンの効きも良くATも調子良く
すこぶるスムーズなコンディションです。
走行距離は現在で135950Kmです。


AFF3 0512 _DSC0308





AFF3 0512 _DSC0312




AFF3 0512 _DSC0317





AFF3 0512 _DSC0322





AFF3 0512 _DSC0340





AFF3 0512 _DSC0348

紫陽花「あじさい」の花が6月に向けてスタンバイ中です。
自然界に仕掛けられたこうした季節の魔法は本当に不思議です。
正確には日々毎日小さくでは御座いますが何かの発見があります。
NikonD3Sへマクロの単焦点105mmを装着させて適当に撮影しています。

AFF3 0512 _DSC0099





AFF3 0512 _DSC0086




AFF3 0512 _DSC0013




AFF3 0512 _DSC0017





AFF3 0512 _DSC0024





AFF3 0512 _DSC0047

本日はレディスタッフの鬼澤と
伊藤店長が休みで加古1人でAFF3スタンバイでした。
昼のランチは単独外出不能ですから
適当に斎田社長から頂いた差し入れを頂きました。
1日の流れはあっという間に素早く
砂時計が零れ落ちるように過ぎ去って行きます。

時間は永遠のようですが
1人1人に与えられた持ち時間は短く
日々静かに流れて行きます。
明日は日曜日。
また心機一転で頑張りましょう。


AFF3 0512  _DSC0005



 

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

都筑インター AFF1  横浜
川崎インター AFF2 川崎
玉川インター AFF3 東京

1994年から設立で気が付けば今年で19年目 


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


生きている時間は想像以上に短し

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日







2012年05月11日の金曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 



AFF3  0511_DSC9297






aff3 MATUNO_DSC9468





AFF3   _DSC0865






aff3 MATUNO_DSC9438





AFF3   _DSC0820






AFF3  0511_DSC9358






AFF3   _DSC0871






aff3 MATUNO_DSC9462



東京タワーの正面付近に位置する10坪の空間へ、
本日は福井県は福井市より松野氏来店です。
往年の昭和銀幕の映画スター田宮二郎さん風なスタイルで登場でした。
この日に松野氏が愛用されていた機械式クロノグラフは、
ブライトリングのトランスオーシャンモデルでした。
白文字盤にグレー目玉のインダイヤルが、
まぶしいさり気ないスーツとのマッチングでした。 




AFF3  0511_DSC9333





aff3 MATUNO_DSC9417






AFF3  0511_DSC9327





aff3 MATUNO_DSC9410




aff3 MATUNO_DSC9033

株式会社Bestnavi Jp Companyの近藤さんが、
フラリと遊びに来て下さいました。
カメラマンの高橋さんとお知り合いのようで、
AFF3の店内でお客様が所有される機械式時計に付属する、
アフター加入の修理損害保険のお話しを頂きました。
色々と広がる楽しい企画やそれに関連する前向きなお話を満喫させて頂きました。


AFF3   _DSC0806






AFF3 05 07 _DSC0180






AFF3   _DSC0815





aff3 MATUNO_DSC9013





AFF3  _DSC9482

グランドの鷺巣さんもAFF3へフラリと遊びに来て下さいました。
AFF3のステッカー関係やキーホルダーを制作して頂いている有能なるデザイナーさんです。
お付き合いは結構永く昔からAFF1の関連小物の企画やステッカーを手掛けてくれています。
ブライトリングのクロノマットをお付き合いする瞬間に気持ちよくご決断頂きました。
センスも良く企画力に優れコストパフォーマンスが良いのはモチロン当たり前で、
物腰柔らかく低姿勢ですがこれがまたなかなかのアイディアマンで切れ者なのです。
センスと品質、そしてコストパフォーマンスの3拍子が揃う希少な存在でもあります。
AFF3のレザーキーホルダーが05月18日に入荷して参ります。 


AFF3   _DSC0902


TV東京の担当者さまから連絡が御座いました。
朝比奈「
朝比奈諒」さんと名乗る方からTV番組取材の件で、
本日 05月11日に電話連絡が御座いました。
番組名は「ありえへん世界」という内容らしいです。
簡単なAFF3取材と自宅の環境取材も含まれるらしいのですが、
今住んでいる場所が賃貸マンションですから、
豪邸とか自己所有のお見せ出来るような、
立派な自宅では御座いません。
でもこの件がどのようになるかはまだまだ未知数です。
今後の流れが前向きに進展しましたら、
その時はまた詳しくご報告させて頂きます。


『ありえへん∞世界』(ありえへんせかい)は、
2008年4月15日からテレビ東京で毎週火曜日
19:00 - 19:54(JST)に放送されているバラエティ番組


AFF3 0505_DSC0637





AFF3  _DSC9490






AFF3   _DSC0879





AFF3  _DSC9472






aff3 MATUNO_DSC9449



東京タワーの正面付近に位置する10坪の空間へ、
本日は福井県は福井市より松野氏来店です。
往年の昭和銀幕の映画スター田宮二郎さん風なスタイルで登場でした。
この日に松野氏が愛用されていた機械式クロノグラフはトランスオーシャンでした。
白文字盤にグレー目玉のインダイヤルがまぶしいさり気ないスーツとのマッチングでした。 





東京タワーの正面付近に位置する10坪の空間。
狭さを感じさせない適度な10坪のスペースにシンプルな機械式クロノグラフが少々。 
オリジナルデザインが施された革製品が少々、と文房具が並べられている空間です。
ロケーションは読んで字の如く3丁目東京タワー正面付近、
1本道丘の上三叉路交差点の角地正面です。
1階は「AFF3 」オートファッションファクトリー東京タワー3号店。
略してAFF3 Mechanical Tokyo  で、
奥の1Fフロアーとその上の2F、3Fが藤森商会さんです。 


 

 

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

横浜は都筑に19年目


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


東京タワーの正面付近に位置する10坪の空間。


AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日



2012年05月09日の水曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3  0508  _DSC0604



憧れの1本を手に入れる空間。
こんな言葉から始まるAFF3の一言コピーですが、
05月08日の火曜日。
仕事の途中でAFF3までお立ち寄り頂いた太田様。
4ヶ月前ほどの2012年02月にAFF1横浜にて、
GMTホワイトゴールドのナビタイマーモデルを手に入れて頂きました。

そしてこの5月に2本目のダイヤモンドベゼル&8ポイント文字盤の、
ギャラクティックモデルを追加でAFF3オープン記念で気持ちよくお考え頂きました。 
スムーズな段取りを志すのは勿論ですが信販会社さまの最近の分割払いでの手続きでは、
これくらいのインターバルでの 追加での2本目〜3本目の申し込み案件は説明が難しく、
担当者さまに正しく理解して頂けるのにやや時間が掛かるケースがごく稀に御座います。

デジタル社会の履歴データー管理でしか審査センターの内容や情報が伝わらない為に、
プラスアルファーとしての人の魅力やアナログ要素の強い信用状況はまさに担当者さまとの、
人間関係やお互いの信頼関係に掛かって来るのかも知れません。 

信販会社の頭文字は読んで字の如く信用の「信」、
そして販売に結びつく次なる言葉の「販」が重なることで業種の言葉が完成します。
3者間の強い結びつきと目に見えない信頼関係こそが、
前向きなエネルギーを生む最高の原動力に繋がって行くものと信じております。

めでたく太田様は2012年05月09日に記念すべき、
ブライトリングのギャラクティックモデルを入手する事が出来ました。

 


AFF3  0511_DSC9400

2012年05月09日には夜から土砂降りの大雨が降っておりましたが、
フラリと新山下界隈の重鎮ASMの金山総店長がサプライズのご来店でした。
エンジンという雑誌「ENGINE 6月号」30ページと31ページを飾ったあの金山さんです。
鬼澤と一緒の熱いカフェタイムでした。 


 

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

暇な時間は逆に素晴らしき自由時間。 


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


憧れの1本を手に入れる空間。


AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日


2012年05月08日の火曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

AFF3 0424_DSC0445




AFF3  0508  _DSC0604




AFF3  0511_DSC9384




AFF3  0508  _DSC0545





AFF3  0508  _DSC0642





AFF3  0508  _DSC0581



AFF3 Mechanical Tokyo へ、
尾山さん達がフラリと遊びに来てくれました
渋谷区恵比寿に本拠地を構える不動産会社、
イズムコンサルティングの太田様と尾山代表です。
AFF3オープン設立記念に2本目のブライトリングの、
ダイヤモンドギャラクティック
A493A20PAを決めて下さいました。
このモデルはマザーオブパールの
特殊文字盤が美しいスペシャルモデルなのです。


AFF3  _DSC0514


若干23歳の若さで前回の2012年 2月に購入して下さった、
18金ホワイトゴールドモデルのナビタイマーGMTに引き続き、
今回は日常の普段着仕様で装着出来る
ダイヤモンドモデルをお考え下さいました。
金額は1,123,500円の特別モデルです。
前回同様84回払いの分割方式を選択されました。
合い言葉は縁起の良い語呂合わせでは御座いませんが、
い〜わ〜84回払いでまさに1884ブライトリングなのです。
製品番号は1293144番でした。
さすが決断力のあるポジティブな太田様は違います。
太田様はコレクションを18本集めるまでは,
根気よく頑張りますと熱く語っておられました。


AFF3 _DSC0527


また横浜店ではあの佐々木様が、
ポルシェのカイエン955ターボでお見えになり、
カイエン専用のスポーツクラッシック
サイドエアロとブライトリングの同時手続きで,
嬉しい事にAFF3オープン記念で気持ちよく決めて下さいました。
モデルはA170B04OCAスーパーオーシャン
ヘリテージ42のグリーンの回転ベゼルです。

金額は399,000円のこれまた入手困難な特別モデルでした。
製品番号は1418177番でした。

 
 

AFF3  0508  _DSC0543


AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

感動を忘れてしまった大人達へ!


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日


AFF3  0508  _DSC0510


日本で一番狭くて小さな機械式腕時計専門店

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日


 AFF3  0508  _DSC0553





AFF3  0508  _DSC0570





AFF3  0508  _DSC0562





AFF3  0508  _DSC0587





AFF3  0508  _DSC0655



AFF3  0511_DSC9327




AFF3  0511_DSC9388

AFF3 Mechanical Tokyo 夜の8時閉店間際に敦賀さまがオープン記念で初来店でした。
延長で9時まで熱く語られ記念で1本考えてくれるという話の流れになりました。
担当は伊藤店長です。セレクトさせて頂ける敦賀さんに一番似合うモデルは何か?
楽しい商談時間でした。時間も時間でしたから内金手付けをお預かりして、
次回にまたAFF3へと来店して下さる予定にこの日は切り替えました。 






日本で一番狭くて小さな機械式腕時計専門店

AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日


2012年05月07日の月曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 





AFF3 05 07 _DSC0428





AFF3 05 07 _DSC0464





AFF3 05 07 _DSC0446





AFF3 05 07 _DSC0087





AFF3 05 07  _DSC0082

AFF3 Mechanical Tokyo 2012年05月07日の月曜日は,
いつものカイエン957 GTSから大昔のAMG C36で通勤です。
エンジンはストレート6のDOHC 排気量3600ccの直列6気筒を搭載です。
コンパクトなCクラスボディーへ強心臓を詰め込んだ、
かつてのAMG黄金期のM104型エンジンを積んだコンプリートマシンです。 
メルセデスのスターマークを撤去してツルツルボンネットへと改良です。
第三京浜高速の制限速度は80Km/hですから速度厳守で走らせました。 


AFF3 05 07 _DSC0118







AFF3 05 07 _DSC0102





AFF3 05 07 _DSC0153




AFF3 05 07 _DSC0171




AFF3 05 07 _DSC0213




AFF3 05 07 _DSC0197




AFF3 05 07 _DSC0180





AFF3 05 07 _DSC0228





AFF3 05 07 _DSC0254





AFF3 05 07 _DSC0260





AFF3 05 07 _DSC0250




AFF3 05 07 _DSC0305





AFF3 05 07 _DSC0344




AFF3 05 07 _DSC0336





AFF3 05 07 _DSC0349




AFF3 05 07 _DSC0286





AFF3 05 07 _DSC0353






AFF3 05 07 _DSC0471





AFF3 0507   _DSC0010




AFF3 0507  _DSC0044






AFF3 0507  _DSC0014





AFF3 0507  _DSC0053





AFF3 0507  _DSC0054




AFF3 0507  _DSC0077





AFF3 0507  _DSC0058





AFF3 0507  _DSC0083

AFF3 Mechanical Tokyoへ西岡様が遊びに来てくれました。
大沢商会時代のブライトリングの歴史を誰よりも深く知る人物です。
現在では株式会社Ca et la研究所の代表取締役を務めます。 
お越しになられた際にいつものエンジェルウィングの記念撮影でした。 


AFF3 0507  _DSC0064






 

AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama

本当の面白さを追求する異次元空間。 


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


感性の醍醐味ここに極まる!


AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日




2012年05月06日の日曜日。AFF3 Mechanical Tokyo 

a3365f49-s

AFF3 Mechanical Tokyoへ
向かう途中の景色を撮影です。 
株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1Fまでの道のりは、
東京プリンスホテルから徒歩で普通に歩いて7分くらいです。
神谷町駅からですと同じく男性なら6分、
女性で10分くらいでしょうか? 


AFF3  0506 _DSC0009

お気に入りのジグザグ直角カーブ
AFF3 Mechanical Tokyoの三叉路の裏道です。 
オートファッションファクトリー東京タワー3号店を
左に曲がるとこの場所が観得て来ます。
東京都港区芝公園3−6−23
光輪会館ビル1Fから3分くらいの場所です。


photo_1


AFF3 Mechanical Tokyoで昨日鈴木様より、
オーダーを頂いたコスモノートが個人的に非常に気になりました。
シンプルな手巻き式24時間計のコスモノートの存在感。
何となく良いですね〜!欲しいと衝動的にそう思いました。
文字と文字の隙間の絶妙なるバランスの良さ! 
カレンダー表示もREDでピンポイントさり気ない色遣い。
回転ベゼルのラチェットクリアランスの均等さ!
洗練された伝統のデザインはやはり不変です。
月々 7700円くらいなら何とかなりそうかなぁ〜と思えました。
 

AFF3  0506  _DSC0004



AFF3  0506 _DSC0030


前回お買い上げ頂いた杉浦様より、
またまたブライトリングのご注文が御座いました。
クロノマット44のブラックマザーオブパール、
リミテッドエディションのオーダーでした。
ナビタイマーの18金無垢リミテッドエディションを、
入手されてから僅か数週間で次なるオーダーの申し込みです。


fd0911f2-s


嬉しい連鎖反応は続きます。
ブライトリング特有のこの追加コレクションとしての現象?
短時間で熱く次なるモデルのリピートコレクションを、
どのように理解して頂けるかが問題なのです。
信販会社様のご判断は短期買い回り情報とやらで、
追加も厳しい時代になりました。
デジタル世界の信用をアナログの、
機械式腕時計で乗り切る面白さ!
すべてはタイミング次第です。


AFF3  0506 _DSC0076




AFF3  0506 _DSC0015




AFF3  0506 _DSC0813




AFF3  0506 _DSC0040




AFF3  0506 _DSC0909

朝は第三京浜都筑インターから
玉川インターまでクルマで走らせます。
そこから環八を曲がって目黒街道を、
道なりにのんびりと走らせます。
玉川インターから東京タワーまでは
僅か9Km足らずの道のりでした。
東京は信号機の数が多いですから
ゴー and ストップで長く感じますが、
首都高なんかを使用するよりは
遥かに近くてこの通勤路が便利なのです。
自宅を朝の9時30分頃に出発してのんびり走らせて、
東京タワー周辺到着までは僅か、
35分〜40分の時間くらいでしょうか?
10時10分という機械式腕時計が
一番美しい構図になる時にちょうど現地到着です。

AFF3  0506 _DSC0921




AFF3  0506 _DSC0930



AFF3  0506 _DSC0931




AFF3  0506 _DSC0937

毎朝、天気が良ければのお話ですが、
単焦点レンズ装着カメラ片手に、
歩いて通勤までの道のりや景色を色々と撮影です。

AFF3  0506 _DSC0959




AFF3  0506 _DSC0975




AFF3  0506 _DSC0987




AFF3  0506 _DSC0996




AFF3  0506 _DSC0989




AFF3  FUJI_S698353

この日は土砂降りの大雨が降り、
暗雲立ち籠めるゴールデンウィーク最終日でした。
PM:7時30分にお店を閉めて早めにAFF1横浜まで移動でした。

AFF3  FUJI_S518266


チャレンジ精神を忘れた瞬間が失敗の始まり。


AFF1 Auto Fashion Factory Yokohama


株式会社オートファッションファクトリー横浜店 AFF1
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 

AM:12:00~PM:21:00

木曜日 定休日




 


時間を潰しに行って、
時間を知る装置を手に入れてしまった。


AFF3 Mechanical Tokyo 

株式会社オートファッションファクトリー東京タワー3号店
東京都港区芝公園3−6−23光輪会館ビル1F
03-6459-0831 
代表取締役 加古 俊文
AM:11:00~PM:20:00

木曜日 定休日





Toshifumi Kako 1966

1994年06月に横浜は都筑にAFF-1 YOKOHAMA を創業 2012年04月東京タワー AFF-3 オートファッションファクトリー3号店を東京タワー近隣にOPENさせて頂きました。趣味性の強いオリジナル製品をデザイン&企画販売 少し癖のある 機械式腕時計専門店 生まれは1966年02月生まれの趣味人で御座います。 AFF-1 横浜市都筑区早渕3丁目 AFF-3 東京都港区芝公園3丁目 今後とも末永く よろしくお願い致します。加古 俊文

Dial selection AFF-3
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
Article Search AFF-3
Gallery Photo image AFF-3
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
  • 20年前の特殊素材 プラチナ素材の Navitimer  PT950 と  18K  WG ホワイトゴールド素材の Navitimer 1999
Kako  personal  CONTACT  Email

名前
メール
本文