ポルシェ_DSC0776

12月25日の日曜日。


クリスマスイブからクリスマスに移り変わりました。
24時間計でお馴染みのクロノマチック24を撮影してみました。
日付けカレンダーが24時の位置にある小窓から、
丁度25の数字表示が楽しめる希少なモデルです。


聖なる夜に輝く機械式腕時計の存在感。略してキーワードは「聖輝」
この機械式腕時計をクリスマスプレゼントで贈った方のとある物語です。
金額の大小に拘わらずプレゼントというものは贈る側の心意気そのものなのです。
Aさんという方が彼女に1本の正規品と呼ばれるルートの機械式腕時計を贈りました。
Bさんという方が同じく彼女に1本の並行輸入品と呼ばれるルートで仕入れられた
機械式腕時計を贈りました。偶然にも製品はどちらも同じモデルでした。


正規の販売ルートで売られる機械式腕時計は、
通称「正規品」と呼ばれています。
正しい規則に従った流れが証明出来る製品の事を指す言葉です。
その他の製品は個人直輸入品と並行輸入製品とに分類されます。
正しい規則の流れが輸入ルートの途中に設定されれば無理もありません。
多少コストはあがるのはこの場合は仕方が無い事かも知れません。
直輸入品はストレートに輸入するメリットが御座いますから、
マージン的にも為替の影響も連動し価格に反映され易いと思われます。


手に入れられる時の重要度が安さだけが真の魅力と思われている方には、
この価格の違いをいくら説明しても世界が違うのですから、
微妙にですが金額の差を理解して頂ける領域は難しいと予想されます。
製品に付属されている国際保証書と呼ばれるワールド規格のスイス本国の製品保証と、
正規の保証を同じだと説明される並行輸入取り扱い業者様もおられます。
プライスを安く提供させる為にはそれなりの省略と犠牲が必要になります。
初めての方はこの微妙な違いには詳しくは御座いませんから保証は保証と思われがちです。
さてクラブブライトリングというカードが付属されている製品も、
この正規輸入を日本国内で管理されているブライトリングジャパンが独自に発行しています。
最初の1番目の正規製品オーナー「ファーストオーナー」に対しての、
特別なるプラスアルファーの保証サービスなのであります。


プレゼントですから当然予算の範囲内で喜んで貰えそうなモデルを、
贈りたいと思う、贈り側はそう考えるのはごく当然で、しかもあたり前の出来事です。
予算の範囲内でギリギリグレードを上げてモデルを優先で考えるのか?
もしくは同じモデルで多少の金額の差がもしもあったとしても、
その差を分割払いやカードの恩恵を選び綺麗に穴埋めサポートさせるか?
2者択一では御座いませんが、選ぶのはプレゼントを贈られる方の自由ですし、
どちらが正しいとか間違いだなんて問題でもありません。


でも同時に同じプレゼントを貰った彼女によれば、
正規品の方が同じモデルの機械式腕時計でも、
「少しだけ嬉しかった」とさり気なくコメントされたそうです。
この小さな小さな差こそプレゼントで決定的に他とは違う、
気持ちがリード出来る秘めたる可能性なのかも知れません。
贈る製品でこのような微妙な心の変化が滲み出るのですから、
ましてや自分で自分の為に選ぶ最高の1本なら説明するまでも無く尚更です。

 
ポルシェ_DSC0726

受け取られた彼女がもしもこの、
「プレゼントで貰った時計」に対して、
不意に質問をされた時。
この時計に付属するアフターケアーや、
修理メンテサービスの保証はどんな感じですか?
とさり気なくも贈り主に対してやがては聞いて来ます。

この時、贈り側の説明は大きく分けて2種類に別れて行きます。
永き将来をしっかりと約束するものがその製品の取り巻く環境に、
さり気なく込められているのか?これからの時間軸についてのお話し、
もしくは物質優先主義でモノが無いよりかは在った方が良い程度で、
修理メンテナンスを考えないその場の喜びだけを考えているのか?
実はどうでも良いようなこの小さな小さな微妙なる分岐点が、
今後の時間軸を大きく変化させて行くのかも知れません。

この手の機械式腕時計は構造上その後の、
機械メンテナンスサービスの恩恵が必要となるものです。
自分で完全な修理が環境的に出来るヒト以外は、
全ての製品は正規品や並行品を問わずにしっかりとした腕を持つ、
時計修理職人のメンテナンスサービス環境を必要とします。
機械である以上メンテや定期的なサービスコストはある意味避けては通れません。
最初に高い正規品のハードルをクリアーされた方には、
アフターメンテではしっかりとその恩恵を得られる仕組みになっているのです。
また逆に最初は多少のリーズナブルな並行輸入製品の入手で安く手に入れた人も、
アフターメンテナンスサービスの世界では通常料金の壁が立ちはだかって参ります。
損得勘定だけではある意味どちらも同じですが、
修理メンテを定期的に継続させるその心構えは、
コレクションが増えれば増える分だけ大きく違ってくるのかも知れません。


Aさんのチョイスされた選択は目に見えない安心感と云う、
サービスがロングスパンで約束されている製品の、
維持される為の環境を含めて、
キチンと守られているという贈り物か、
Bさんの考えは新品で動いている間はさほど外見的には大きな差もなく、
基本的にはどちらも同じじゃ~ないか?
というコストに対するモノの考え方の違いだけなのかも知れません。
時計という贈り物の意味や時間の概念を正しく理解されている方は、
安心と永きに渡る信頼性の方を選択されるのかも知れません。


数打ちゃ当たる方式で不特定多数の方にバラまく方の考え方なら、
当然 余分な経費やコストは無意味には賭けられません。
物質優先主義で存在しているモノと、
今後を含めた時間の問題まで考えたモノとの違いでしょうか?
この思考回路はその人の性格でもあり環境や考え方そのものです。
もちろん どちらが正しくて、
また、どちらが間違いなんてお話しでもなく、
選ばれる方の自由なのであります。
聖なるクリスマスに最高に輝くプレゼントは、
略して「聖輝」それ以外は話しも平行線なのかも知れません。
話しが噛み合ないカップルではクリスマスという魔法も半分の価値しか持ちません。
心なきモノとしての物質的な贈り物なら逆に贈らない方が良いのかも知れません。

ヒトはモノが欲しいのではなくて心が欲しいと思うデリケートな生き物なのですから! 



ポルシェ_DSC0743

CHRONOMATIC 24 

真上から真下までの午後と呼ばれる
文字盤の右側だけで仕事をする男にとっては、
1日の動きがメーターのように見える、
独特なる視認性が得られます。24から25に移動する面白さ!
180度ムーブメントが反転する奇抜なるデザインと、
リューズ位置が入れ替わるのが特徴です。
左側は午前中と呼ばれる睡眠時間の領域。
右と左で考えると非常に使い易いモデルだと思います。

20年前に存在していた、
ジュピターパイロットというモデルのベゼルを思い出しました。




撮影機材:NikonD3S 
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 
1:2,8G EDレンズにて撮影です。
2011-12-24  Toshifumi Kako  


株式会社オートファッションファクトリー横浜店
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
加古 俊文