AKA_DSC0686

クリスマスとは、

イエス・キリストの降誕(誕生)を祝う
キリスト教の記念日・祭日である。
「神の子が人となって生まれて来た事」を
祝うことが本質である。
12月25日がこれに当たるが、
正教会のうちユリウス暦を使用するものは、
グレゴリオ暦の1月7日に該当する日にクリスマスを祝う

キリスト教に先立つユダヤ教の暦、ローマ帝国の暦、
およびこれらを引き継いだ教会暦では
日没を一日の境目としているので、
クリスマス・イヴと呼ばれる12月24日夕刻から朝までも、
教会暦上はクリスマスと同じ日に数えられる。


日本語の「クリスマス」は、
「英語: Christmas」に由来し、
その語源は「キリストのミサ」を意味する
「英語: Christ's Mass」にある。
日本語では他に、「降誕祭」
「聖誕祭」、「聖夜」などの呼び方がある。
「クリスマス」にあたる
「ドイツ語: Weihnachten(ヴァイナハテン)」
「フランス語: Noël(ノエル)」
「スペイン語: Navidad(ナビダー)」
「ラテン語: Christi Natalis
(クリスティ・ナタリス)」であるが、
語源は必ずしも同じではない。
「ギリシア語: Χριστούγεννα」
(クリストゥ・ゲナ)は、
「ギリシア語: γέννα」(誕生)を用いており、
文字通り、「キリストの誕生」である。

AKA_DSC0658
 



「英語: Christmas」の略記として、
19世紀の英語圏では、
「ギリシア語: Χριστος」の頭文字である
「ギリシア語: X(カイ)」、
あるいはそれと同じ形であるローマ字の
「X(エックス)」を省略形として用いて、
「X'mas」としたり、「Christ」の末字
「T」を「X」に上付き添字した、
「Xtmas」とする表記が多用されていた。現在の英語圏では、
「Xmas」あるいは「X-mas」と綴ることが多いが
「Xtmas」、「Xpmas」の表記も散見される。


非キリスト教圏である
日本・台湾・東南アジアでは、
19世紀の英語圏で見られたのと同様の
X'masとの表記が利用されている。
Xが十字架すなわちキリストを表し、
Xの後ろに何かが省略されているわけではないので、
アポストロフィを付けるのは誤りであるとの解釈から、
および現代の英語圏で使用が少ないため誤用
またはEngrishとされることがある。
なお、日本では「Xマス」とも略記する。

ロシア語での「クリスマス」の略記は、
「ハリストス(キリストの現代ギリシャ語・
ロシア語読み)の降誕」を意味する、
「ロシア語: Рождество Христово」の頭文字からとった。
「РХ」で表される。ロシアでは、聖堂などに、
「РХ」とネオンサインで表示する様子がしばしば見られる。



撮影機材:NikonD3S 
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 
1:2,8G EDレンズにて撮影です。
2011-12-24  Toshifumi Kako  


株式会社オートファッションファクトリー横浜店
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
加古 俊文



12月24日という日を考える。その2へと続きます。
 
http://kakotoshifumi.salesmaster.jp/?p=2