ゲンバラ_DSC0060



朝少しだけ早起きをして
地元のソフトバンク取り扱いのお店へ行きました

iPhone4Sの64GBのホワイトが
ようやく入荷して参りましたと
の連絡です。
早速 新しい端末機4Sをお店まで受け取りに行きました。

出勤前に立ち寄りましたから、
それほど時間の余裕がありません。
番号カードを抜き取り待つ事15分、
満席の状態で説明を受けている人達の数の多さに驚きです
しばらく待てど一向に自分の順番がなかなか回ってきません。

焦っているとき程、時の流れは倍速スピードで微妙に早送りです。

ようやく順番が訪れ段取りの良さそうな男性社員が担当でした。
ですがゆっくりと落ち着いた説明時間とその流暢なるお話の流れ!
一生懸命に説明してくださる担当者様の熱意に、
それはそれは焦っているのですが惹き込まれます。
急いでいる時に限って非常に丁寧な方に運良くも遭遇でした
仕事の時間に間に合わせなきゃ!
と思うこちら側の焦る気持ちとは裏腹に、
流れて行く時間のなんと速い事でしょうか?

流れている時間の感覚はヒトにより本当に様々です。

色々な手続きを済ませ
ようやく新型iPhone4Sが手元にやって参りました。
シムカードを入れ替え充電済みの端末機本体の電源をオンにします。
すると新しい機械に電話機能と
小型端末機の基本性能が自動的に宿ります。
そしてあたり前の事ですが今までの古いiPhone3GSはその瞬間、
目に見えない生命線が遠隔操作により
経ち切られ電話機能を同時に失いました。
モチロン外見上の個体は変化しませんが
通信機能停止に近い状態です。

こうした機種の移り変わりの瞬間に、
もしかするとヒトの人生もこれと似ていて、
誕生と死を繰り返す輪廻転生の複雑怪奇なメカニズムのような、
思考回路や今までの記憶を管理する、
魂の引っ越しを垣間見た想いでした。
誰かがなんらかのルールに従い目に見えない遠い場所から、
自動的に意識や考え方を含めた、
回路のきりかえをしているような気持ちでした。

目に見えない約束とは電話であれば、
毎月の使用料金をキチンと約束通りに支払う。
あたり前ですの事ですがiPhoneの入手手続きには、
クレジットカードの自動引き落としを前提条件に、
機種購入と通話料の支払い契約だったと思います。
毎月の使用料金がカード会社をバイパスして決済される、
ある意味スパイラルな構造とその仕組みです。

勝手に作り上げた宗教観では御座いませんが、
人間界でもこれと同じく社会的ルールを普通に守り、
決められた善行を繰り返しヒトとしての信用を、
内面から高めて暮らして行く経済活動の流れ!
毎月の使用料金を正しく支払う事が、
感謝の気持ちの表れなのかも知れません。
生まれ変われる輪廻転生の条件も、
この小さな約束を守り通したヒトに限られ、
通話したにもかかわらず電話料金の支払いを意図的に免れたり、
料金を節約して不正をすれば、
目に見えない場所からやがては生命の糸が切られて、
ある一定期間が経過すると通話すら出来ない状態に、
遠隔操作されてしまうのかも知れません。
個人の信用情報はカードの使用履歴や信用状況にも、
リンク直結されていて連動して負の判定が下ります。

個人を識別するオリジナリティーが、
与えられた端末機種の電話番号であり、
蓄積された記憶メモリーは、
デスクトップで携帯同士で移植作業にあたる作業です。
人間で云う所の成人になるまでに、
積み重ねる日常の勉強なのかも知れません。
ポケットにこんな高性能小型端末が、
仕舞い込める非常に便利な時代になりました。
最先端の電子デバイスの象徴 iPhone4Sと、
機械式アナログ腕時計の対比がまた素晴らしいと感じます。

こうした便利な携帯電話を維持させる為に、
今まで繰り返し培って来た毎月の支払いの歴史は、
経済活動の繰り返しでもあり大きな信用の実績でもあります。
ということは、このような複雑な支払いシステムを導入する、
携帯電話を長年維持され毎日使用されて来た、
支払い実績の持ち主であれば、お解りのように、
時間を買うという概念があれば、
「借金」借りたお金という考え方は除外させる事も可能なのです。
こうした比喩が最終的には、分割払いへの先入観を払い退け、
規則正しいルールを維持する分割払いのメリットにも通じます。

近い将来、もしかするとクレジットの業界にも小さな変化が起きて、
長年使い続けて来た携帯電話の通話歴と、
個人の支払い履歴も実績が数字である程度記号化され、
毎月の支払いに対する信用与信枠も違う意味から判断が可能になり、
携帯電話の端末操作で後の分割払い「自動引き落としシステム」が、
クレジットカードとの連携によりお財布携帯としての機能を超え、
本当のモバイルショッピングへと、
順次移行して行く可能性を秘めています。
さらに発展すれば割賦支払いの各種選択が簡単便利な、
プッシュボタン操作で自由自在に組める新しい流れに、
電子マネー業界も順次発展して行くのかも知れません。

世の中の流れている時間は、
もっともっと激的に想像以上に速いということかも知れません。


撮影機材:NikonD3S  
AF-S MICRO NIKKOR 105mm 1:2,8G EDレンズにて撮影です。
2011-11-28 Toshifumi Kako   


株式会社オートファッションファクトリー横浜店
神奈川県横浜市都筑区早渕3-31-1
045-591-0888 
加古 俊文